伊豆市章

萬城の滝 地蔵堂川の上流にあるこの滝は、
伊豆・天城連山から湧き出た清流が集まり
高さ20m、幅6mの瀑布となって落ち、
裏側からも見る事ができた(崩壊危険で現在は通行止)ため
「裏見の滝」とも呼ばれている。 滝の周辺にはコモチシダや数種の寄生木のある古木のほか
玄武岩の柱状節理の岩肌もみられる。
この滝の西側通路の傍らに不動明王像2体が祀られ
古くからこの場所は修験者の霊場であった。
その昔、この滝に大蛇が棲み、ときどき出て田畑を荒らしたとか
赤牛に乗った赤姫の織る音が水の音と合して
牛の鳴き声に似ているので
「滝の主は赤牛である」という伝説も残されている。
伊豆市観光地図